親戚の叔父が亡くなった時に、家を片付けに行きましたが、遺品の片付けがこれほど大変で難しいとは思っていなくて、実際やってみて大変さを思い知りました。

 

とにかく物が多くて、本人がいないし、まだ使えそうな物を全部丸ごと捨てるのももったい無いですし、仕分けするのに何日もかかりました。

 

最後はいらないものを遺品整理士のいるリサイクル業者にお願いして引き取ってもらいましたが、思っていた以上にお金もかかりました。遺品の片付けに行って、最初は叔父さんとの思い出に浸りながら、丁寧に仕分けしていましたが、きりが無いということに気づき、手伝いに来ていた親戚も、何日も片付けに来れないということで、結局まとめて処分することにしました。

 

情とかもあって、形見として置いておきたい気持ちはありましたが、あれもこれも置いておく訳にもいかず、そんなことを考えながら片付けていたら、いつまで経っても終わりませんから、遺品の片付けは、潔く捨てる。に限ります。

 

遺品の片付けは、亡き人の思い出に浸っていては片付けられません。思い出は心の中にしまって、あとはきれいに整理してしまいましょう。