私は遺品整理を親族から頼まれた経験があります。亡くなった人の遺品を扱うことに抵抗があったのですが、生前にお世話になった人の遺品だったので供養のために遺品整理をすることにしました。

私はどの遺品から片付ければよいか分からず迷ってしまいました。効率よく遺品整理をしないとかなり時間がかかりそうな気がしました。私ななるべく時間をかけずに遺品整理をしたかったので集中して作業をすることに決めました。

故人の遺品を捨てることに嫌な気持ちが最初はあったのですが、悩みすぎてもいけないと思ったので不必要な遺品は処分しました。遺品の片付けは私が想像していた以上に大変な作業でした。

しかし、亡くなった人のことを思いながら遺品の処分をする経験は非常に貴重なことでした。遺品整理をしたことで亡くなった人のいろいろな思い出が蘇ってきました。初めて遺品整理を経験したのですが、やり方がよく分かったので次に遺品整理をする時はもっと素早くできると感じました。